カテゴリー

あんちょこリンク

最新の記事

最近のコメント

Twitter/SmokingPipes_JP

ひとこと

ここはおいらのITEM自慢blogですw

自慢したいだけなので、大した情報はありません。
ナニカを手に入れた時だけ更新する予定です。
恥ずかしいので、日記なんて書けませんw

プロフィール

kusafuri

Author:kusafuri

RSSフィード

まとめ

カテゴリ内記事一覧

ブログ TOP

:スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

32:THORENS Single-Claw Standard (SideFiller)



しばらく更新をさぼってしまいまして。や、ネタが無かっただけなんですけどね。
新ネタが出来たワケでもないけど、とりあえず更新という事で・・・手持ちのライターを引っ張り出してきました。
THORENS Single-Claw Standard。サイドフィラータイプ。
ヤフオクなんかだと、このタイプが一番人気なのかな?

Standardにはいろんなタイプがあります。
 ・クロウの本数(Single-Claw or Double-Claw)
 ・オイル注入口の位置(底面:ボトムフィラー or 側面:サイドフィラー)
 ・風防付き(Storm)
 ・オイルタンクを装備(Tank)
 ・着火部が伸びる(Teleflam)
また、上記を組み合わせたタイプも存在します。(Teleflamを除く)
このうち、一番レア(かつ高値)なのがTeleflam。オークションでも滅多に出ません。
とゆーかTeleflamだけは"Teleflam"のモデル名が付くので別格です。
・・・が、実際に見てる限りでは、Single-Storm-サイドフィラーが一番レアのように思いますw



裏面のオーナメントはブランクのまま。
ブランクで安かったので、こりゃラッキーと思ったのですが・・・・



古いタイプのSingle-Claw特有の、横からハメただけのホイール。





タックスシール付き。
その昔(1938年?以前)、フランスでライターに課税していた時期がありまして。
課税した証明として、ライターにはシールが貼られて販売されてました。
このシールがそれ。別名コインシール。
ってことでフランスで販売されたブツで確定。



オイル注入口の蓋は、例によってフリント格納可能になってます。


・・・と、ここまで書いてから言うのもなんですが。
実はこれ、ダメな子でして。ほとんど着火しまへんw

THORENSについてちょっと調べると、気になる一言にブチ当たります。
 「Single-Clawは軸が歪む」
この一言でSingle-Clawの購入を躊躇する人も多いみたいです。
で、今回はその実例をお見せしよう、というワケでして(^^ゞ



着火機構部を上から見た写真。
ハイ、明らかにホイールの中心軸が歪んでますw
さらにホイール自体にもガタが出て、クロウがかろうじて引っかかる状態。
このぐらい歪むと、リッドオープンの勢いでクロウが外れます。
前述のとおりハメ込んだだけのホイールなので、その勢いでホイールがぶっ飛びますw
購入前にここがチェックできれば良いのですが、実際にはほぼ不可能でしょう。



ってことで次善の策。
「歪んだモノ」をかなりの勢いで引っ張るワケで、当然ながらリッドも歪んできます。
結果、閉じた時の「合わせ」が悪くなり、左側にズレてきます。
中古品を購入する際は、ここのズレが極力少ないモノを選びましょう。
また、ホイールをネジ止めしてるタイプの方が、歪みの影響が少ないと思います。

どーにかして実用に耐えるように調整しよーと悪戦苦闘してるのですが、未だ実用には至らず。
上手くいった暁には、調整方法をご紹介する予定です(^^;
スポンサーサイト

Lighter THORENSコメント(2)

9:THORENS Single-Claw Baby

THORENS-B-1.jpg

早々にUpすべきパイプが尽きたのでorz おいらのもう1つの趣味、ビンテージライター。
まずは有名なトーレンス。
シングルクロウ・ベビーモデルです。
スタンダードモデルがダブルクロウへ移行した後、シングルクロウタイプはベビーモデルとして生産が続けられました。

THORENS-B-2.jpg

蝶番部分。
ここに"Alpacca"の表記があるモノが、アルパカ銀・銀製等と書いてオークションに出品されたりしていますが、ご注意。
アルパカは銅・亜鉛・ニッケルの合金です。
「洋銀」「ジャーマンシルバー」といった呼び方もされます。

THORENS-B-3.jpg

ここのボタンがネジ込み式ロックになっています。
ネジを緩めてボタンを押すと、フタが開いて着火します。

THORENS-B-4.jpg

底面。
オイル注入口が底面にあるタイプをボトムフィラー、側面にあるタイプをサイドフィラーと呼びます。

THORENS-B-5.jpg

THORENS-B-6.jpg

注意点その2、ウィックキャップ。
フタの中にある、ライターの芯をカバーするキャップです。
オークション等で、このキャップが欠損しているモノをたまに見かけます。
無くても着火には問題ありませんが、オイル持ちが非常に悪くなります。

THORENS-B-7.jpg

シングルクロウ最大の魅力、クロウとホイール。
スタンダードモデルの初期モデルは、このホイールがネジ止めされていません。
横からはめ込むだけw
また、スタンダードモデルのクロウは、クロウの先が丸くなっています。
訂正。
ベビーモデルにも先の丸いクロウの個体があるようです。
具体的な変化時期は不明ですが、スタンダードモデルのダブルクロウへの移行と同時期と思われます。
THORENS-B-9-1.jpg

THORENS-B-10-1.jpg

オイル注入口のキャップ。
ばらすと、中に予備フリントが格納されてます。芸が細かい~

height: 50mm
width: 30mm
depth: 10mm
weight: 38g (オイル・フリント込み)

Lighter THORENSコメント(2)

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。