カテゴリー

あんちょこリンク

最新の記事

最近のコメント

Twitter/SmokingPipes_JP

ひとこと

ここはおいらのITEM自慢blogですw

自慢したいだけなので、大した情報はありません。
ナニカを手に入れた時だけ更新する予定です。
恥ずかしいので、日記なんて書けませんw

プロフィール

kusafuri

Author:kusafuri

RSSフィード

まとめ

:スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

14:GBD Prestige #9436



GBD Prestige #9436。
eBay出品時に「新品箱入り(かも?)」だったGBD。









左サイドからボウル手前、シャンクにまで広がる、うねうねバーズアイ。
ちょっと蓮風味。





length: 150mm
height: 48mm
chamber dia: 21mm
chamber depth: 42mm
weight: 40g


おまけ


箱側面。
・・・どうやら別の個体の箱のようですw


箱の裏。
スポンサーサイト

Pipe GBDコメント(0)

13:WEINGOTT



久しぶりにパイプ。WEINGOTT。
某さんに影響されて買ってみました。
かなりいかめしい顔してます。
ここのとこライターばっかりUpしてたけど、本来はパイプをメインにしたいのです・・・orz

WEINGOTT-2.jpg

反対側。ほんと愛想悪い顔。
WEINGOTT-3.jpg

WEINGOTT LONGONとだけスタンプされたロゴ。
ひっじょ~に男らしいw
WEINGOTT-4.jpg

A/R後、化粧パフによるシェラック仕上げ。
結果、さらに人相が悪くなり・・・
でも結構好きw
WEINGOTT-5.jpg

分厚い。

length: 140mm
height: 41mm
chamber dia: 19mm
chamber depth: 35mm
weight: 30g

Pipe unknownコメント(0)

12:Colibri MONOPOL LongBody

MONOPOL-LONG-1.jpg

コリブリ・モノポール。
ビンテージライターに興味がある人なら、一度は聞いた事があるモノポール。
そのロングボディタイプです。
他には、一般的なスクエアボディ、女性向けのショートボディ、シガレットケースに組み込まれた薄型タイプなどのモデルがあります。
着火性能、使いやすさ、堅牢性などから、「完成されたライター」の異名を持つ、安心して常用できる数少ないビンテージライターです。

閑話休題
先日、常用にしていたスクエアボディを紛失してしまいまして orz
eBayで探して見つけた一品。しかもあまりタマが出ないロング!
意地でGETしましたw

MONOPOL-LONG-2.jpg

閑話復活
写真のように、ガワからインナーケースを引き抜いて、底から給油します。
ガワは鏡面仕上げ、エンジンタン、オーナメントが配された物、白蝶貝で装飾された物など、バリエーションに富んでいます。

MONOPOL-LONG-3.jpg

コリブリ社、そしてモノポールは多少複雑な変遷を辿ります。
第一次大戦後、Lowenthal兄弟によりフランクフルトにJBELO社が設立されました。当時はライターとパイプを製作していたようです。
そして1928年、有名なキックスタートが開発されます。当時の製品名は「Colibri Original」。
1933年、JBELO社の経営を彼らの妹に託し、Lowenthal兄弟はイギリスに渡りコリブリ社を設立、モノポールを開発します。モノポールは大ヒットを記録し、世界各国に輸出されました。
そして時代は第二次大戦を迎えます。
爆撃により、ロンドンの本社と工場は壊滅。
さらに生産拠点の一部をドイツに持つコリブリ社は、東西分割による影響を大きく受ける事になります。
その後、米KREISLER社の支援により、コリブリは再生していきます。
コリブリ社がこういった経緯を辿る中、モノポールはおよそ30年間、製造が続けられました。
その為、底面の刻印には"Colibri","JBELO","Colibri by Kreisler"といった複数の種類が存在します。

MONOPOL-LONG-4.jpg

非常に使いやすいモノポールですが、風に弱いのが唯一の泣き所。
まぁ風防の無いライターの宿命でもありますが・・・
実はモノポールにも、風防付きモデルが存在します。レア物w

height: 55mm
width: 40mm
depth: 13mm
weight: 62g (オイル・フリント込み)

Lighter Colibri/Jbelo/Ibeloコメント(0)

11:RONSON PRINCESS



RONSON PRINCESS。おそらく1950年頃の物。
RONSONのスタンダードモデルである、STANDARDの女性向けモデルです。
とはいえ、小さくて邪魔にならないので、男性にも人気があったようです。

RONSON-PRINCESS-2.jpg

全面に施されたエナメル仕上げが、綺麗に残ってます。
RONSON-PRINCESS-3.jpg

RONSONの興りは19世紀末にまで遡ります。
当時はArtMetalWorksという金属装飾のメーカーでした。
その為、初期のRONSONライターの底面には、ArtMetalWorksの刻印があります。
残念ながら、こいつには無いorz
RONSON-PRINCESS-4.jpg

手と比べると、小ささが良く判ります。
着火ボタンのバネが強力で、女性が使うには無理があるよーな・・・w

height: 49mm
width: 36mm
depth: 12mm
weight: 39g (オイル・フリント込み)

Lighter RONSONコメント(1)

10:BEATTIE



一部のパイプ吸ってる人には有名?なBEATTIEです。
通称火炎放射器。

BEATTIE-2.jpg

このパイプを火であぶると、オイルが気化してガスが噴出。
それに着火して、火が横に噴き出します。
BEATTIE-4.jpg

こんな感じ。
燃料たっぷりで調子がいいと、5cmぐらい火が噴き出します。
真下に向けると、「ゴォォォッ」という音と共に凄い勢いになるので注意。
BEATTIE-3.jpg

現在、BEATTIEの初期型をeBayで落として到着待ち。
そっちは底がネジ止めになってます。はやく来ないかなー

height: 55mm
width: 43mm
depth: 15mm
weight: ウチの秤は50gまでしか計れないので計測不能w
Lighter BEATTIEコメント(0)

9:THORENS Single-Claw Baby

THORENS-B-1.jpg

早々にUpすべきパイプが尽きたのでorz おいらのもう1つの趣味、ビンテージライター。
まずは有名なトーレンス。
シングルクロウ・ベビーモデルです。
スタンダードモデルがダブルクロウへ移行した後、シングルクロウタイプはベビーモデルとして生産が続けられました。

THORENS-B-2.jpg

蝶番部分。
ここに"Alpacca"の表記があるモノが、アルパカ銀・銀製等と書いてオークションに出品されたりしていますが、ご注意。
アルパカは銅・亜鉛・ニッケルの合金です。
「洋銀」「ジャーマンシルバー」といった呼び方もされます。

THORENS-B-3.jpg

ここのボタンがネジ込み式ロックになっています。
ネジを緩めてボタンを押すと、フタが開いて着火します。

THORENS-B-4.jpg

底面。
オイル注入口が底面にあるタイプをボトムフィラー、側面にあるタイプをサイドフィラーと呼びます。

THORENS-B-5.jpg

THORENS-B-6.jpg

注意点その2、ウィックキャップ。
フタの中にある、ライターの芯をカバーするキャップです。
オークション等で、このキャップが欠損しているモノをたまに見かけます。
無くても着火には問題ありませんが、オイル持ちが非常に悪くなります。

THORENS-B-7.jpg

シングルクロウ最大の魅力、クロウとホイール。
スタンダードモデルの初期モデルは、このホイールがネジ止めされていません。
横からはめ込むだけw
また、スタンダードモデルのクロウは、クロウの先が丸くなっています。
訂正。
ベビーモデルにも先の丸いクロウの個体があるようです。
具体的な変化時期は不明ですが、スタンダードモデルのダブルクロウへの移行と同時期と思われます。
THORENS-B-9-1.jpg

THORENS-B-10-1.jpg

オイル注入口のキャップ。
ばらすと、中に予備フリントが格納されてます。芸が細かい~

height: 50mm
width: 30mm
depth: 10mm
weight: 38g (オイル・フリント込み)

Lighter THORENSコメント(2)

8:お詫びと訂正

各パイプの、height、chamber dia、chamber depthの数値に誤りがありました。
・・・ノギスの使い方間違えてましたorz
既に各パイプの数値は訂正済みです。

あー恥ずかしい^^;
Others 記事コメント(0)

7:Sasieni Four Dot Rustic "DOVERCOURT"

DOVERCOURT-1.jpg

完全に一目惚れの一本。
このblogを始めるきっかけになりました。

DOVERCOURT-2.jpg

DOVERCOURT-3.jpg

DOVERCOURT-4.jpg

DOVERCOURT-5.jpg

DOVERCOURT-6.jpg

DOVERCOURT-7.jpg

DOVERCOURT-8.jpg

DOVERCOURT-9.jpg

DOVERCOURT-10.jpg

DOVERCOURT-11.jpg

初のFourDot~パチパチパチ
残念ながら、神様はどっかにいっちゃってるみたいです。

length: 175mm
height: 45mm
chamber dia: 20mm
chamber depth: 41mm
weight: 34g

Pipe Sasieniコメント(2)

6:Craven #789



こいつだけ逆向き写真w
だってこっちの角度がいい顔してんだもの~

反対側はこんな顔。




SasieniセカンドのCRAVENだと思って買った1本。
んでも某氏より、
「CRAVENのシェイプNoは6xxになるはず」
「POS表記がGBDっぽい」
「GBDのシェイプ#789とそっくりなシェイプ」
との指摘あり。
確かに、ネット上の画像を見ると、CRAVENには"Sasieni"の文字があるみたい。
これはGBDのセカンドなんでしょーか・・・??









length: 138mm
height: 42mm
chamber dia: 24mm
chamber depth: 35mm
weight: 44g

Pipe GBDコメント(0)

5:GuildHall #51

Guildhall-1.jpg

某さんからの預かり物。
左サイドのバーズアイがすんごい。

length: 140mm
height: 47mm
chamber dia: 20mm
chamber depth: 35mm
weight: 33g

Pipe Comoy's of Londonコメント(0)

4:SKIT-1



正体不明。
どこぞのメーカーが勢いでパイプを作ってみた、というには、ずいぶんしっかりしたシェイプのブルです。


右側のリムが大きくラウンド。あぁもったいない orz





バーミンガム-1918年製のホールマークが見えます。



暗くてみえないけど、シャンクにはクラック多数。
ひょっとして修繕の為の銀巻き?
だとしたらパイプ本体はもっと古いのかも・・・などと妄想が膨らみますw




length: 125mm
height: 44mm
chamber dia: 18mm
chamber depth: 36mm
weight: 31g

Pipe unknownコメント(0)

3:Sasieni Windsor #55



初めてのオールドブリティッシュ、初めてのSasieni、初めてのレストア挑戦、と初めてづくし。
いろいろと思い入れの深い1本です。





結構ごっつい。



購入当初、まったく見えなかったスタンプ。
綺麗に磨いてシェラック仕上げ後、うっすら見えるようになりました。
"Sasieni"の文字はなかば消えかかってます。



ステムロゴはうーっすらと痕跡が残るだけ。
つい最近まで、ロゴの痕跡が残ってる事にすら気づいていませんでしたw






length: 156mm
height: 49mm
chamber dia: 21mm
chamber depth: 43mm
weight: 44g

Pipe Sasieniコメント(2)

2:Kaywoodie 8813 CABURETOR

KBB8813-1.jpg

オールド2本目にしてキャブレター。
どーもこういったギミック物には弱いです。
KBB8813-2.jpg

KBB8813-3.jpg

KBB8813-4.jpg

こいつのスティンガーは無事。だけど少し曲がってます・・・
KBB8813-5.jpg

ボウル底にキャブレターのアルミパイプが見えてます。
KBB8813-6.jpg


length: 156mm
height: 50mm
chamber dia: 20mm
chamber depth: 39mm (キャブ上端から36mm)
weight: 40g


Pipe KBB/Y-B/KWD

1:Kaywoodie SuperGrain 5117



記念すべき初オールドパイプ。






残念ながら、前オーナーによりスティンガーは折られています。

length: 150mm
height: 42mm
chamber dia: 18mm
chamber depth: 35mm
weight: 24g

Pipe KBB/Y-B/KWD

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。