カテゴリー

あんちょこリンク

最新の記事

最近のコメント

Twitter/SmokingPipes_JP

ひとこと

ここはおいらのITEM自慢blogですw

自慢したいだけなので、大した情報はありません。
ナニカを手に入れた時だけ更新する予定です。
恥ずかしいので、日記なんて書けませんw

プロフィール

kusafuri

Author:kusafuri

RSSフィード

まとめ

:スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

21:Colibri KickStart (Colibri Original)



変り種ライターとして有名な、Colibriのキックスタートです。
ちょっとレアなオリジナル(ボディがベークライト製!)を入手したので、今回は復刻版と比較しながらご紹介。
左がオリジナル、右が復刻版です。

モノポールの記事でも触れましたが、Colibri社の社名の元にもなったこのライター。
というか普通は、Colibriといえばキックスタート、というぐらいにColibriを代表するライターです。
このblogではおいらの個人的趣味で、モノポールを全面プッシュしてますがw

キックスタートは、現在はウィンドミル社から復刻販売されています。
パーツを英国で生産、日本で組み立てを行っているようです。
(Colibri社は現在も英国でライターの生産販売を続けています)
ちなみにColibriとは「完成された小鳥」の意味。ハチドリの事です。

ぱっと見て一番違うのが、レバー部。
キックスタートは細かい改良が加えられながら販売されていたようです。
生産時期により、レバー部等に差異が見られます。
eBayでもオリジナルのキックスタートはあまり出品されませんが、この個体と同じレバー部の物は1回見た事があるだけ。比較的古い時期の物のようです。

KickStart-1R.jpg

ビンテージライターといえば、マイナスネジ。
ですがこの個体、マイナスネジですらなく六角ボルトですw

KickStart-2F.jpg

レバーのボタン部が小さくて、指が痛いです・・・
ヤスリのホイールもかなり小さめ。

KickStart-2R.jpg

キックスタートをご存知無い方の為の解説。
レバーを指で押し下げると、レバー後部のでっぱりが、アーム部を押し上げます。
そのまま指を離すと、バネでレバーが戻り、レバーに固定されているヤスリが回転、着火します。
この着火アクションがバイクの始動方式に似ている事から、キックスタートと呼ばれます。
本来の商品名は「Colibri Original」
消火の際は指でアームを降ろして消火です。
こういった片手で着火できるライターを「ワンハンド」
ワンタッチで着火、消火できるものを「オートマティック」
ワンタッチで着火、消火は別アクションのライターを「セミオート」
と呼んだりします。
キックスタートやThorensのクロウモデルは「ワンハンド・セミオート」、
モノポールやRONSONは「ワンハンド・オートマティック」になります。

KickStart-3O.jpg

オリジナルと復刻版を一目で見分けられるのが、ボトム部。
オリジナルはオイル注入口が左右に1つづつ、真ん中がフリント挿入口です。
ボトム側面が少し欠けてるのが、とっても残念 orz

KickStart-3W.jpg

復刻版はオイル注入口が1つしかありません。

KickStart-4O1.jpg

オリジナルのオイル注入口のネジの片方は、内部に予備フリントが格納できます。

KickStart-4O2.jpg

KickStart-4W.jpg

復刻版は、フリント挿入口のネジを外すと、上下に2つ穴が空いてます。
ここに予備フリントが2つ格納できます。

ぶっちゃけた話、火は小さいし着火率は悪いし風には滅茶弱いし何度も再着火してると指が痛いし、とロクなライターじゃありませんw
復刻版もその点はまったく同じ。
でも妙に味のあるライターです。

キックスタートもかなり長い期間生産されていたようですが、後年、このままの形と着火方式でガスモデルも生産されたようです。
これがまた、結構いいお値段になってまして・・・いつかは欲しいです。
スポンサーサイト

Lighter Colibri/Jbelo/Ibeloコメント(0)

20:モノポール組み立て講座

ビンテージライターを使う上で、避けては通れないメンテナンス。
パーツ破損はどうしようもないけれど、清掃や芯交換ぐらいは自分でやりたいもんです。
・・・業者に頼むとぼったくられるしね。
つい先日入手したモノポールのロング、いろいろ問題があったので分解整備しました(先日Upしたロングとは別のモノポールです)
といっても、ばらして歯ブラシで掃除する程度。簡単なもんです。
良い機会なので、モノポールがどういう構造になっているかご紹介。

※分解清掃は自己責任で行って下さい。破損しても当方は一切の責任を負いません。とゆーか負えないw



いきなり全バラ状態のパーツ構成写真。
クリックで拡大します。

MONOPOL-KIT-2A.jpg

②本体と⑦着火ボタンを⑧のロッドで固定。
⑨スプリングも一緒に組み付けます。
下の写真のように、⑨のスプリングの片側の輪は少し曲がってます(B)。
これを⑦着火ボタンの方向に曲がった状態になるよう組み付け、Aの突起部分に引っ掛けます。

MONOPOL-KIT-2B.jpg

MONOPOL-KIT-3.jpg

上の写真のように、⑦着火ボタンを前後に行って来いさせると、簡単に引っかかります。

MONOPOL-KIT-4A.jpg

⑪クラッチプレートと⑭ヤスリホイール。
これを重ねて・・・

MONOPOL-KIT-4B.jpg

本体に組み付け。⑫のパイプを通して仮固定。
ここから先はしばらく、着火ボタンを押し下げながらの作業になります。
なので①のケースを装着しておかないと、本体が手に食い込んで痛いですw

MONOPOL-KIT-5.jpg

⑤ウィックカバーを装着。ウィックカバーの端の隙間に、⑪クラッチプレートの先端が挟まるように固定します。
この写真の個体にはありませんが、普通のモノポールにはクラッチプレートをひっかけるラッチがあります。

MONOPOL-KIT-6A.jpg

⑤ウィックカバーの穴Cに・・・

MONOPOL-KIT-6B.jpg

⑫のパイプを貫通するように⑬のロッドをねじ込んで固定。

MONOPOL-KIT-7.jpg

⑥のビスで、ウィックカバーと着火ボタンを固定。

MONOPOL-KIT-8.jpg

④のビスを固定。こっちは逆ネジになってます。
これで着火機構部分は組みあがりです。

MONOPOL-KIT-WICK-1.jpg

ここからは綿と芯の交換作業。
⑩のフリントスプリングを外した状態で、細い棒などをひっかけると、
③のフタは簡単にはずせます。

MONOPOL-KIT-WICK-2.jpg

こんな具合。

ビンテージオイルライター最大の問題点、替芯。
オイルライターの芯は消耗品。いずれ交換しないといけません。
が、モノはビンテージ。オリジナルの状態で十分な長さがあれば良いけど、無ければ交換、でも純正品なんて入手困難。
そこで出てくるのが・・・・

MONOPOL-KIT-WICK-3.jpg

ジャン。たこ糸。今回は1.4mm。
要はオイルを吸い上げてくれて、あるていど「コシ」があればいいんですw
綿の毛糸とかでも使えそう。

MONOPOL-KIT-WICK-4.jpg

たこ糸の先をキツく撚ってから瞬間接着剤で固め、乾燥したらカッターの刃先などで刃を立てるようにして表面を削ぎ、少し細くします。
更に先端を斜めにカットしておくと、穴を通しやすいです。
構造上通しづらいライターの場合、テグスや針金を先に通しておいてから、芯の先端に接着して引っ張ると簡単です。
芯を通したら、固めた先端は切断します。
芯がタンク内で蛇行しつつ綿の中を通るようにしながら、綿を詰めていきます。

MONOPOL-KIT-WICK-5.jpg

問題なく着火。
もう少し太めのたこ糸でもよかったかな。でも1.7mmのたこ糸は通りませんでした。
1.7mmで再挑戦。メデタク通りましたw (06/21)
火の大きさは、芯の太さと本体から出ている長さで変わります。
火が小さいようなら、少し芯をひっぱり出して、先を広げると大きくなります・・・芯の消耗も早くなるけど。


注意点1:
稼動部分が多いからといって、C○C-5○6とかは使わないようにしましょう。
すぐ揮発しちゃいますし、メッキや塗装が劣化してる場合、隙間から入り込んで「浮き」ます。
フリントのカス等の清掃時に使用した場合、よく拭き取って乾燥させましょう。
グリスアップするなら、モリブデングリスやシリコングリスをお勧めします。

注意点2:
状態の悪いライターの場合、フリントを入れたままで放置され劣化して、内部で固着しているケースがあります。
今回のモノポールもその状態でした。
通常はピンバイス等の細いドリルで削り落とす、といった方法をとりますが、今回は全バラシ後にフリントチューブの後ろから細長い棒を突っ込んで、ハンマーで叩き出しました。簡単だからw

また、ビンテージライターのヤスリはZippo等の現代のライターと比べると弱いので、Zippo用フリントの使用はあまりお勧めしません。
太めのフリントならデュポンのグレーかダンヒルの青、キツいようならRONSONのフリントをお勧めします。
(あくまでも個人的感想)

Lighter Lighter Columnコメント(1)

19:比べてみようドバコさん

COMP-DOVERCOURT-1.jpg

時代もフィニッシュも違う2つのドバコ。
ちょっと興味が湧いたので比べてみました。

諸元:
Four Dot Rustic "DOVERCOURT"
 length: 175mm
 height: 45mm
 chamber dia: 20mm
 chamber depth: 40mm
 weight: 34g

Four Dot RUFF-ROOT "DOVERCOURT"
 length: 188mm
 height: 42mm
 chamber dia: 19mm
 chamber depth: 40mm
 weight: 35g

・・・この時点で結構違ってますね^^;


COMP-DOVERCOURT-2.jpg

RUFF-ROOTの方は、リムのエッジがたってます。

COMP-DOVERCOURT-3.jpg

リップ開口部。
RUFF-ROOTの方が、ぎりぎりまで広がってます。

COMP-DOVERCOURT-4.jpg

上:Rustic 下:RUFF-ROOT
Rusticの方が、やや幅広。
背景の方眼は、1マス1cmです。

COMP-DOVERCOURT-5.jpg

RUFF-ROOTは2段テノン。

COMP-DOVERCOURT-6.jpg


これらの違いが「時代による違い」「個体の誤差」なのか、
超ロングカナディアンとゆうシェイプ故、精度を追う余裕が無いのせいなのか、
本当のところは、おいらには判りません。
・・・なんとなく、7インチオーバーのFourDotカナディアンは全部ドバコ、という気もしますがw

Pipe Pipe Columnコメント(1)

18:Sasieni Four Dot RUFF-ROOT "DOVERCOURT"



Four Dot RUFF-ROOT "DOVERCOURT"。
ドバコ2本目。こーなったら全フィニッシュ制覇を目指そうかな・・・
しかしまー長い事。188mmだって。女郎さんの煙管みたいだわw

RR-DOVERCOURT-2.jpg

RR-DOVERCOURT-3.jpg

RR-DOVERCOURT-4.jpg

RR-DOVERCOURT-5.jpg

RR-DOVERCOURT-6.jpg

RR-DOVERCOURT-11.jpg

RR-DOVERCOURT-7.jpg

RR-DOVERCOURT-8.jpg

PAT No.無し、ステムのDotが大きめ、ってことで1950年以降確定。

RR-DOVERCOURT-9.jpg

RR-DOVERCOURT-10.jpg


時代が違うせいなのか、同じドバコでも色々違いますねぇ・・・

length: 188mm
height: 42mm
chamber dia: 19mm
chamber depth: 40mm
weight: 35g

Pipe Sasieniコメント(0)

17:Comoy's Tradition #43

Comoys-Tradition43-1.jpg

Comoy's Tradition #43
デカイです。
ハイコントラストステインと相まって、辺りを睨み付けるかのよーな迫力です。

Comoys-Tradition43-2.jpg

Comoys-Tradition43-3.jpg

"T"の文字はバフアウトしてるのかと思ったら、どうやら打刻ミスっぽい。
重ね打ちしてもダメだったから諦めたんですかね。

Comoys-Tradition43-4.jpg

ネット上の資料によれば、アボストロフィあり、円形の"MADE IN LONDON"の下に"ENGLAND"、なので、1950年代初期・中期~1960年代中期の品らしいです。

Comoys-Tradition43-5.jpg

Comoys-Tradition43-6.jpg

Comoys-Tradition43-7.jpg

Comoys-Tradition43-8.jpg

リップの出来が良いせいか、デカくても咥え心地は良いです。

length: 150mm
height: 51mm
chamber dia: 20mm
chamber depth: 43mm
weight: 55g

Pipe Comoy's of Londonコメント(0)

16:BEATTIE 初期型



火炎放射器その2。eBayで落札した初期型BEATTIEがやっと到着しました。
長かった・・・2ヶ月待ったよママン
あ、手前の革巻きの方です。後ろのは後期型。
分解清掃後に綿交換で無事着火。
ジェットも動作しますが、着火にかなり時間がかかります。ノズルも掃除せにゃあかんなぁ・・・マンドクセ

BEATTIE-FIRST-2.jpg

メカニズム的には、ほぼ同じ。
BEATTIEはウィックやヤスリの搭載位置が中心からオフセットされていますが、初期型のオフセット量はより大きいようです。
ノズルの先端形状にも若干差異が見られます。

BEATTIE-FIRST-3.jpg

最も違う部分、底面。
初期型はプレートがネジ止めされてます。
給油やフリント交換は、このプレートを外して行います。
後期型は、Zippo同様のアウター/インナーケース方式。

ちょこっとウンチク。
BEATTIEの最初のパテント申請は1929年(Zippoより古い!)にイギリスで行われています。
この時のBEATTIEは、ウィック用とノズル用の2層タンク方式。
実際にこの形式のBEATTIEがイギリスで販売されていたようです。
その後、改良され1944年にアメリカで販売されたのが、初期型BEATTIEです。

実はジェット式のライターは、いろいろなメーカーで商品化されています。
おいらが実際に目にしただけでも5つ。カタログ等を見る限り、もっと多そうです。
その中には、日本のメーカーも存在します。
坪田パール製、その名も「TPジェット」。TsubotaPearlとBEATTIEの語呂合わせw
モノとしてはBEATTIEのソックリさん。これがまた、今となっては結構レア物・・・

height: 58mm
width: 43mm
depth: 16mm
weight: やっぱり計測不能orz
Lighter BEATTIEコメント(0)

15:Comoy's Royal Comoys #46

Comoys-Royal46-1.jpg

Comoy's Royal Comoys #46
初Comoy'sがRoyalとゆー、またもやバチ当りなおいらですゴメンナサイ。
ド迫力のコントラストステイン。個人的に「虎柄」と呼んでます。
まだ吸ってませんw

Comoys-Royal46-2.jpg

Kメソしてボウルトップのタール除去後、ハンドワックスしただけ。

Comoys-Royal46-3.jpg

初の3ピースインレイロゴの"C"。パチパチパチ

Comoys-Royal46-4.jpg

Comoys-Royal46-5.jpg

Comoys-Royal46-6.jpg

Comoys-Royal46-7.jpg

Inner steelもフィットメントも無しの2段テノン、アポストロフィ無しのComoysロゴ、等々の条件から、1945-50年頃の品、らしいです。

Comoys-Royal46-8.jpg

とっても咥え心地の良いリップ。
軽度のティースマークのみだったので、Oメソ+重曹激落ち君+コンパウンドでピッカピカに。

length: 155mm
height: 42mm
chamber dia: 18mm
chamber depth: 35mm
weight: 27g

Pipe Comoy's of Londonコメント(1)

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。