カテゴリー

あんちょこリンク

最新の記事

最近のコメント

Twitter/SmokingPipes_JP

ひとこと

ここはおいらのITEM自慢blogですw

自慢したいだけなので、大した情報はありません。
ナニカを手に入れた時だけ更新する予定です。
恥ずかしいので、日記なんて書けませんw

プロフィール

kusafuri

Author:kusafuri

RSSフィード

まとめ

:スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

16:BEATTIE 初期型



火炎放射器その2。eBayで落札した初期型BEATTIEがやっと到着しました。
長かった・・・2ヶ月待ったよママン
あ、手前の革巻きの方です。後ろのは後期型。
分解清掃後に綿交換で無事着火。
ジェットも動作しますが、着火にかなり時間がかかります。ノズルも掃除せにゃあかんなぁ・・・マンドクセ

BEATTIE-FIRST-2.jpg

メカニズム的には、ほぼ同じ。
BEATTIEはウィックやヤスリの搭載位置が中心からオフセットされていますが、初期型のオフセット量はより大きいようです。
ノズルの先端形状にも若干差異が見られます。

BEATTIE-FIRST-3.jpg

最も違う部分、底面。
初期型はプレートがネジ止めされてます。
給油やフリント交換は、このプレートを外して行います。
後期型は、Zippo同様のアウター/インナーケース方式。

ちょこっとウンチク。
BEATTIEの最初のパテント申請は1929年(Zippoより古い!)にイギリスで行われています。
この時のBEATTIEは、ウィック用とノズル用の2層タンク方式。
実際にこの形式のBEATTIEがイギリスで販売されていたようです。
その後、改良され1944年にアメリカで販売されたのが、初期型BEATTIEです。

実はジェット式のライターは、いろいろなメーカーで商品化されています。
おいらが実際に目にしただけでも5つ。カタログ等を見る限り、もっと多そうです。
その中には、日本のメーカーも存在します。
坪田パール製、その名も「TPジェット」。TsubotaPearlとBEATTIEの語呂合わせw
モノとしてはBEATTIEのソックリさん。これがまた、今となっては結構レア物・・・

height: 58mm
width: 43mm
depth: 16mm
weight: やっぱり計測不能orz
Lighter BEATTIEコメント(0)

≪前の記事 Comoy's Tradition #43
≫次の記事 Comoy's Royal Comoys #46

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。