カテゴリー

あんちょこリンク

最新の記事

最近のコメント

Twitter/SmokingPipes_JP

ひとこと

ここはおいらのITEM自慢blogですw

自慢したいだけなので、大した情報はありません。
ナニカを手に入れた時だけ更新する予定です。
恥ずかしいので、日記なんて書けませんw

プロフィール

kusafuri

Author:kusafuri

RSSフィード

まとめ

:スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

21:Colibri KickStart (Colibri Original)



変り種ライターとして有名な、Colibriのキックスタートです。
ちょっとレアなオリジナル(ボディがベークライト製!)を入手したので、今回は復刻版と比較しながらご紹介。
左がオリジナル、右が復刻版です。

モノポールの記事でも触れましたが、Colibri社の社名の元にもなったこのライター。
というか普通は、Colibriといえばキックスタート、というぐらいにColibriを代表するライターです。
このblogではおいらの個人的趣味で、モノポールを全面プッシュしてますがw

キックスタートは、現在はウィンドミル社から復刻販売されています。
パーツを英国で生産、日本で組み立てを行っているようです。
(Colibri社は現在も英国でライターの生産販売を続けています)
ちなみにColibriとは「完成された小鳥」の意味。ハチドリの事です。

ぱっと見て一番違うのが、レバー部。
キックスタートは細かい改良が加えられながら販売されていたようです。
生産時期により、レバー部等に差異が見られます。
eBayでもオリジナルのキックスタートはあまり出品されませんが、この個体と同じレバー部の物は1回見た事があるだけ。比較的古い時期の物のようです。

KickStart-1R.jpg

ビンテージライターといえば、マイナスネジ。
ですがこの個体、マイナスネジですらなく六角ボルトですw

KickStart-2F.jpg

レバーのボタン部が小さくて、指が痛いです・・・
ヤスリのホイールもかなり小さめ。

KickStart-2R.jpg

キックスタートをご存知無い方の為の解説。
レバーを指で押し下げると、レバー後部のでっぱりが、アーム部を押し上げます。
そのまま指を離すと、バネでレバーが戻り、レバーに固定されているヤスリが回転、着火します。
この着火アクションがバイクの始動方式に似ている事から、キックスタートと呼ばれます。
本来の商品名は「Colibri Original」
消火の際は指でアームを降ろして消火です。
こういった片手で着火できるライターを「ワンハンド」
ワンタッチで着火、消火できるものを「オートマティック」
ワンタッチで着火、消火は別アクションのライターを「セミオート」
と呼んだりします。
キックスタートやThorensのクロウモデルは「ワンハンド・セミオート」、
モノポールやRONSONは「ワンハンド・オートマティック」になります。

KickStart-3O.jpg

オリジナルと復刻版を一目で見分けられるのが、ボトム部。
オリジナルはオイル注入口が左右に1つづつ、真ん中がフリント挿入口です。
ボトム側面が少し欠けてるのが、とっても残念 orz

KickStart-3W.jpg

復刻版はオイル注入口が1つしかありません。

KickStart-4O1.jpg

オリジナルのオイル注入口のネジの片方は、内部に予備フリントが格納できます。

KickStart-4O2.jpg

KickStart-4W.jpg

復刻版は、フリント挿入口のネジを外すと、上下に2つ穴が空いてます。
ここに予備フリントが2つ格納できます。

ぶっちゃけた話、火は小さいし着火率は悪いし風には滅茶弱いし何度も再着火してると指が痛いし、とロクなライターじゃありませんw
復刻版もその点はまったく同じ。
でも妙に味のあるライターです。

キックスタートもかなり長い期間生産されていたようですが、後年、このままの形と着火方式でガスモデルも生産されたようです。
これがまた、結構いいお値段になってまして・・・いつかは欲しいです。
Lighter Colibri/Jbelo/Ibeloコメント(0)

≪前の記事 HAHWAY IMPERATOR
≫次の記事 モノポール組み立て講座

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。