カテゴリー

あんちょこリンク

最新の記事

最近のコメント

Twitter/SmokingPipes_JP

ひとこと

ここはおいらのITEM自慢blogですw

自慢したいだけなので、大した情報はありません。
ナニカを手に入れた時だけ更新する予定です。
恥ずかしいので、日記なんて書けませんw

プロフィール

kusafuri

Author:kusafuri

RSSフィード

まとめ

:スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

38:芯。

こんなblogにも、検索して迷い込む奇特な方々が、極々たまーーーにいらっしゃいまして。
で、その検索フレーズTOP3が
 1.RONSON 芯交換
 2.THORENS
 3.Colibri MONOPOL
となってたりします。
Zippo以外のライターの情報って少ないので、結構困るのよね。

で、1位の「芯交換」について少し書いてみよーかと。
芯交換については以前のMONOPOL分解整備ネタでも少し書きましたが、
ビンテージライターにとっては、ほぼ必須の作業&生命線。
現行のオイルライターでも、いつかは消耗して交換する必要が生じます。

オイルライターの芯は使用するにつれて消耗します。アルコールランプの芯が短くなるのと同じ事やね。
ライターメーカーもその辺は折り込み済みで、タンク内部には相当余分に芯が入ってます。
なので、ペンチか何かで先をつまんで引っ張り出せば当分はOK。Zippoと同じ。

が、何事にも限界は存在するワケでして。
タンク内部の芯が短くなると、オイルを吸い上げる力が弱まり、1回の給油で行える着火回数が低下します。
また、燃焼に必要十分なオイルを吸い上げられなくなり、芯の消耗も激しくなります。悪循環の始まりです。
最終的には芯交換が必要になるワケです。

で、ここで困った事になります。
Zippo用の替芯は普通に売ってますが、それ以外のって、オリバー用とダグラス/マーベラス用が売ってるぐらい。
RONSONやColibriの現行品はメーカー修理扱いだったりします・・・ウ。ン○ド○ルのあほー。
Zippo用の芯が使える、なんて話もありますが、実際には微妙に太さが違うし。
なにより、RONSONやColibriやビンテージライターに、あのワイヤー入りの芯は似合わない。
どーせ拘ってこんなもん使うなら、とことん拘るのが男の子ってもんですw

以前の記事では、入手しやすい「タコ糸」の例を挙げましたが、こんなモノも探せば売ってます。


先にワイヤーがついてて、通しやすくなってるスグレモノ。50本入り2000円ぐらい。
これ自体もビンテージ物らしいけどw

あ、ちなみに交換方法ですが、RONSONやTHORENSなどの密閉型ライターの場合、
 1.注油口からピンセット等で綿を引きずり出す。
 2.芯を引っこ抜く
 3.着火部側から替芯を挿入
 4.タンク内で芯が蛇行するよーにしつつ、綿を詰めなおす。
 5.余分な芯を切り落とす
となっております。
「ワンタッチでポン」とか「タンクが開く秘密のボタン」とかはありませんw

ちなみのちなみに、RONSONのスタンダード等ですが。
ライター自体をよーく見ると判りますが、
 ・フリント挿入口は着火部の真下
 ・でもフリントが実際に擦れるのは、本体上部中央
つまり、フリントチューブがタンク内を斜めに通ってます。
上記の芯交換の際、このチューブが物凄く邪魔になります。
着火部の穴から底面中央の注油口に向かって芯を通すのに、その間にチューブが走ってるんだもの。
なので、上のようなワイヤー付きの芯や、芯の先にワイヤーやテグスを接着して自作する等の用意をしないと、ほぼ不可能です。
RONSONユーザの方は頑張ってくださいww

・・・なんか字ばっかりだ。

Lighter Lighter Columnコメント(2)

≪前の記事 Sasieni Royal Stuart #88
≫次の記事 Sasieni Royal Stuart #87R

コメント

45:承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013/06/22 07:42 | # [ 編集 ]
46:承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014/05/11 15:21 | # [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。