カテゴリー

あんちょこリンク

最新の記事

最近のコメント

Twitter/SmokingPipes_JP

ひとこと

ここはおいらのITEM自慢blogですw

自慢したいだけなので、大した情報はありません。
ナニカを手に入れた時だけ更新する予定です。
恥ずかしいので、日記なんて書けませんw

プロフィール

kusafuri

Author:kusafuri

RSSフィード

まとめ

:スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

51:Dunhilll Shell #127



Dunhill Shell #127
もう当分Shellはいいや、とか思ってたんだけどねぇ・・・またもや一目惚れでございます。
まぁじっくり見てちょーだい。今回は写真多目でお送りしますw



思わず顔がニヤけてくるよーなブラスト。
こーゆーのがクラッギーとか言うのかね。





格好よく言えばマッシヴ、ぶっちゃけて言えばおデブちゃんw
ややフォワードキャントしたボウルが可愛らしさを演出しております。









見え辛いけど、PAT付きで12。1932年ですかね。



アルミチューブは先端がへし折れてました。



ステム抜いたらこんな状態。
「やべぇ、チューブ折っちまった。シャンクからどーやって抜こう・・・」とか心配しましたが、
先っぽは残ってませんでした。
前オーナーさん、ステムに固着したのを抜こうとして、ペンチかなんかで折っちゃったんでしょうかね。
Oメソ後にペンチでつまんだら、スルっと抜けました。




length: 140mm
height: 47mm
chamber dia: 20mm
chamber depth: 39mm
weight: 43g

Pipe Alfred Dunhillコメント(4)

≪前の記事 Sasieni Four Dot Natural "DOVERCOURT"
≫次の記事 Dunhill Bruyere #90 F/T

コメント

25:

戦前、1932年のPatent 127が、
これほどのミンティな状態で出ることは稀です。
シェイプといい、ブラストといい、カラーといい、
ダンヒルコレクションでもHoly Grailと呼べる類の素晴らしいパイプでしょう。これで味まで旨いっていうんだからもうイヤになっちゃうね。

同じヘヴィーシャンクビリヤードの長兄、LBの男性的な堂々とした迫力もいいですが、ややアップルがかった127のまるっとしたボウルには抗い難い魅力があると思います。

Great Acquisition!

2008/04/30 13:22 | oldbriars #SFo5/nok URL編集 ]
26:

>おbさん
実際に手元にきてみて、127が人気シェイプってのが納得できました。
これを眺めつつ、他のパイプを吸うとゆー楽しみに目覚めましたww
それもこれもおbさんが勧めてくれたお陰という事で。

なんとなくShell LBと並べたくなってきた・・・

2008/04/30 19:06 | くさふり #- URL編集 ]
27:貝剥き?

リンク有難うございます。
貝剥きナイフ仕入れますのでもうしばらくお待ちください。

2008/05/18 11:34 | シリウス #- URL編集 ]
28:

>シリウスさん
いつもお世話になっております。
リンクが事後報告になってしまいましたが、快諾して頂き有難うございます。
て、マジで仕入れるんですかww

2008/05/18 14:04 | くさふり #k9d4iSjU URL編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。